カメラ転売

ツキを呼びたいなら最初はお店作り

きたはまです。

 

本格的にカメラ、レンズを出品する前に少額の小物を出品する

ことをお勧めします。

 

これは理由がいくつかあるのですが、

 

出品数の少ないページは入札者は避ける傾向にあります。

実際のお店でも品ぞろえの少ないお店に入りたいと

思わないですよね?

 

ネットの世界とはいえ、そこは同じ。

 

出品数は目安ではありますが35品以上は必要と言われております。

 

でも初期の資金の少ないときに高価なレンズ、カメラを

これだけの数そろえるのは大変です。

 

またいきなり高額なものを出品した場合、ヤフオクから

出品制限がかかる可能性があります。

 

そこでまずは小物でお店作りを行うのです。

 

小物とは何か?

 

例えば、レンズキャップや

 

レンズフード、

 

レンズフィルター

リモコン

 

ストラップ

等、できるだけ安価なものをそろえましょう。

 

あくまでお店作りですので、これで儲ようとは考えないことです。

 

ただし別に損してよいというわけではなく、仕入れ値と配送料

からヤフオクの手数料を差し引いても赤字にならないレベルで

価格設定すればとりあえずはOKです。

 

ヤフオクの出品でオークションではなく、即決で設定し

期間は1週間。自動入札は3回と設定しておいてください。

 

落札されない場合でも1週間の3回で21日間は出品されている

ことになります。

 

まずはこれでお店を作り、少しずつ販売実績を積み上げて

いきましょう。

関連記事

  1. カメラ転売

    気を取り直して その2

    きたはまです。さて、冒頭のタイトル「気を取り直して」そ…

  2. カメラ転売

    ズレるな!!目指すべきところへ行け!

    きたはまです。今回、名古屋にて「ビジネスパーソン養成W…

  3. カメラ転売

    自己紹介

    はじめまして、きたはまと申します。…

  4. カメラ転売

    連敗記録脱出!! 出品極秘マニュアル

    きたはまです。今回はヤフオクへの出品について投稿いたし…

  5. カメラ転売

    時間がないならビットマシンを使って時間短縮

    きたはまです。今回はヤフオク仕入れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カメラ転売

    気を取り直して その2
  2. カメラ転売

    自己紹介
  3. ものづくり

    ワールドカップ カメラなら日本は世界No1
  4. カメラ転売

    こんなところで価格が変わる
  5. オークファン

    全く売れない人が売りたいなら相場検索しよう
PAGE TOP